スタッフ紹介

代表 菊池 常典

合同会社サウンドプロダクション吟代表社員社長。
作曲・編曲をはじめ、サウンドプロデュースや音響演出まで音に対することを一通り行う。「音を使った全く新しい娯楽」を創り出すのが人生の目標。とはいえ、まだ本人もそれが何なのかわかっていない。
幼少よりエレクトーンを始めるが、音楽教室の教え方に馴染めず、好きな曲を勝手に編曲し、6才で作曲を始める。 昭和音楽大学作曲学科サウンドプロデュースコース卒。音楽制作を行う際に「すべての工程を一人で行えるための知識と技術」を学ぶ。大学在学中「音楽制作の仕事を作るため」にゲーム制作を企画し、リーダー兼音楽制作を務める。就活は一切せず、舞台やゲーム音楽を中心に作曲活動を開始。卒業後、フリーランスの音楽制作クリエイターとして、舞台・ゲーム・映像音楽などを制作する。 有名声優を多数起用した オーディオブック「ハッピーバースデー」の劇中音楽を全て担当したことから、 オーディオブック音楽へも仕事の幅を広げる。

2012年7月、埼玉県新座市にて内田とともに「合同会社サウンドプロダクション吟」を設立。出版本をまるごと一冊朗読する「オーディオブック」の制作においては、楽曲制作のみにとどまらず、音楽・効果音演出も行う。楽曲制作に置いては、感情や空気感など「はっきりしないものを音として形にする」事が得意。
現在は、テレビ番組、CM、企業VP、アプリゲーム等の音楽制作に加え、音を活かしたメディアコンサルティングや、音響制作やナレーション収録なども積極的に行っている。

内田 篤志 (サウンドクリエイター)

合同会社サウンドプロダクション吟 メインクリエイター・ディレクター 。
作曲・編曲はもちろん、オーディオブックナレーションの収録ディレクション手がける。 高校時代にギターを始め、友人が速弾きしているのを見てHR/HMに目覚める。しかし高校でメタルなぞ流行る訳もなく、ドラマーも見つからず、打ち込み、作曲でDTMを始める。その後、独学で音楽を学び、作曲・編曲の技術を習得する。 専門学校時代は、エレキギターの作り方を学び独創的なギターを制作。
JAZZ/FUSION、プログレ、アヴァンギャルド、変態音楽系が好き。「音楽を作っていれば幸せ」な男。ジャンルに拘らずどんな音楽でも制作する。菊池とは対象的に「目的のはっきりした音楽」を得意とする。

2012年7月に、菊池とともにサウンドプロダクション吟を創立。テレビ番組のBGMやCM音楽、アーティストへの曲提供をメインクリエイターとして担当。オーディオブックナレーションの収録ディレクションや映像編集も手がける。

佐々木 皓太 (サウンドクリエイター) 

佐々木皓太

 沖縄県出身。 14歳からDTMを始め、作詞作曲編曲などを習得。 その後結成したバンドやグループにて県内外コンテストにてグランプリを受賞し、メディアからも注目を集め、県内CMソングにオリジナル曲が多数採用。 DefTechなどを輩出したVillage Again Associationより3枚のアルバムと1枚のシングルをリリース。 県内民放ラジオ3局全てでパワープレイを獲得。 安室奈美恵、AKB48などのMV監督 三石直和が撮影した「sing like a bird」「アイ」の2本で1つの物語となるストーリー仕立てのMVが話題となる。 沖縄県うるま市のゆるキャラ・うるうららの「ドキドキコミュニケーション」や長野県の「58町村会収穫祭めぐり」のテーマソング「ココロフルサト」も手がける。 現在は埼玉県に拠点を移し、ミュージシャン活動と並行してサウンドクリエイターとして活躍中。

小野原 睦 (ナレーター/制作管理)

 佐賀県出身。NBCラジオ佐賀、NBCラジオ(NBC長崎放送)でおよそ5年間放送リポーターskippyとしてラジオリポーターを務める。
中継した場所・人物・事物の数は1100以上。リポーター時代は、地域情報をはじめ、突撃中継やスタンドリポート、また、ラジオパーソナリティ、バスツアーの案内、イベント司会等活動内容が多岐に及ぶ。
大学時代に東京都品川区・大崎のマスコットキャラクター大崎一番太郎と動画配信を行い、声優の山口勝平さんと共に司会。
 現在は埼玉県を中心に活動し、サウンドプロダクション吟では制作管理、ナレーター、収録ディレクターを担当。
聴く講談社現代新書のパーソナリティとしても活躍。
 趣味は夜な夜な友人と通話をしながらするゲーム(スプラトゥーン、Apex Legends)。
またアイリッシュハープ、オカリナを嗜んでいるため、「エルフ」を目指しているという噂がある。
普段の活動はこちら(Twitter)。   

吉賀 大史郎 (Video director Photographer)

東京出身。
映像制作チームCOCORO FILMSを運営。
吟では映像部門のディレクターを担当。
「ココロを撮って想いを繋げる」をコンセプトに、心の伝わる映像と写真にこだわっています。
またシンガー、ボイストレーナーとしても活動している。

宮本 優輝 (広報/俳優)

 熊本県出身。済々黌高等学校、熊本大学工学部機械システム工学科卒業。吟では主に広報、新規企画の企画制作、音声コンテンツの収録を担当しております。吟のTwitter「くま社長」の中の人の一人。
 俳優として舞台・ミュージカルや映像でも活動中。主な出演作は「ロイヤルホストクラブ」、「幕末疾風伝 MIBURO」「ジャンヌ、またの名を奇跡」等。好きな作品は『美女と野獣』『レ・ミゼラブル』で、ビーストになるべく奮闘中。
 特技は弓道(三段)と乗馬(3級)。流鏑馬の修行をしております。
歌の声域はバリトン。
普段の活動はこちら(Twitter)も是非ご覧ください!

maya (デザイナー/イラストレーター)

京都造形芸術大学大学院(現・京都芸術大学大学院)修了。
オンデマンド印刷会社のDTPを経て、サウンドプロダクション吟のデザイナー/イラストストレーター。
サイトデザイン、オーディオブックの書影(ブックデザイン)など、業務に関わる全てのデザインやイラストを制作を担当しています。